コンプレックスにさようなら【誰にもばれない二重整形手術で変身】

ウーマン

目元の手術

笑顔の女性

心がけるべきこととは

目元のつくりがどうなっているかによって、顔全体の印象が大きく変わってしまう可能性があります。目元の造作次第で、その人の見た目のイメージが決まってしまうと言っても過言ではありません。人間は初対面の人と会った時、まず相手の目を見るのが普通です。まだ物心がついていない赤ちゃんも、自分に接してくる人間の目を一生懸命に見ていることが、研究によって明らかにされています。つまり、目は人間同士のコミュニケーションにおいて、とても重要な役割を果たしているパーツなのです。そのため、自分の目に自信を持つことができないと、どうしても人付き合いに消極的なってしまいがちです。しかし、美容外科クリニックを受診して、目元の形状を変える美容整形手術を受ければ、理想的な目元になることができます。目元の美容整形手術の中で一番多くの人が利用している手術は、まぶたを二重にする美容整形手術です。まぶたが一重になっていると、目が小さく見えてしまいます。はっきり言って、とても印象の薄い目になってしまうため、一重まぶたであることが大きなコンプレックスになっている人が少なくありません。そこで、二重まぶたにする美容整形手術を受ける人がたくさんいるわけですが、目全体のバランスを考慮した手術を受けるようにしないと、逆効果になってしまう可能性があります。たとえば、目の横幅が狭い人がまぶたを二重にする美容整形手術を受けた場合、子供っぽいどんぐり眼になってしまうおそれがあります。目を大きくするだけでなく、大人っぽい落ち着いた印象の目元にしたいのであれば、二重まぶたにすると同時に目尻を切開する美容整形手術も受けるようにした方がよいです。そうすれば、切れ長の美しい目元にすることができます。

最近の手術方法

目元に手を加える美容整形手術を受ける人が昔から大勢いますが、ここ数年は、メスを用いない手術を選ぶ人が増えてきています。たとえば、一重まぶたを二重にする場合、メスを用いる手術を受けるようにした方が、クッキリとした二重まぶたになることができます。しかし、まぶたをメスで切ることになりますので、万が一、自分の想像していたものとはかけ離れた状態に仕上がってしまうことがあったとしても、簡単に元の状態に戻すことはできません。また、手術費用の方もそれなりに高額になります。まぶたを二重にしたいと希望する人は、比較的若年齢層の人が多いのですが、メスを用いる手術に対する不安や経済的な理由でなかなか手術を受ける決心をつけることができない人が多くなっています。しかし、近年になり、メスを用いない二重整形手術が登場してくるようになったおかげで、そのような人でも気軽に手術を受けられるようになりました。メスを用いない二重整形手術は、埋没法という名前で呼ばれています。これは、まぶたに糸を通して裏側で結び、まぶたに二重のクセをつけるという方法です。糸でまぶたを固定するだけの方法ですから、術後の仕上がりに納得することができなかった場合には、簡単に元の状態に戻すことができます。また、メスで切るわけではありませんので、術後のまぶたの腫れがほとんど気になりません。手術を受けた翌日から普段通りに外出することができますので、忙しい現代女性にとってはとても都合のよい手術方法だということができます。