コンプレックスにさようなら【誰にもばれない二重整形手術で変身】

看護師

目元の美容治療

目元を指す

目の印象を変える

目が小さすぎる、目と目の間隔が大きく開きすぎている、どんぐり眼のせいで子供っぽい印象になってしまっているなど、目の造作に関するコンプレックスを持っている人が、結構たくさんいます。人によって抱えている悩みの内容は様々ですが、美容整形手術を受けることで、コンプレックスから簡単に解放されることができます。たとえば目が小さすぎるという悩みを抱えている人は、まぶたを二重にする美容整形手術を受けてみるとよいです。まぶたを一重から二重に変えると、まぶたがしっかりと上に持ち上げられるようになり、黒目の露出部分が広くなります。黒目がたくさん露出していると目が大きくなったように見えるため、目元の印象が大きく変わります。二重まぶたにするために目元の皮膚にメスを入れる美容整形手術を受けるのは怖いという人が少なくありませんが、近年になりメスを使わずに行うことができる美容整形手術が登場してきています。ですので、あまり怖がる必要はありません。ちなみに、まぶたについている余分な脂肪を除去するという方法でも、目を大きくする効果を得ることができます。一方、目と目の間隔が開きすぎて間の抜けた印象になってしまっている人の場合は、目頭のヒダを切開する美容整形手術が有効です。また、どんぐり眼のコンプレックスを持っている人には、目尻を切開する美容整形手術をおすすめすることができます。いずれの場合も、目の横幅を大きくすることができますので、切れ長の大人っぽい印象の目元になることができます。

切開法と埋没法

先程少し触れましたが、まぶたを二重にする美容整形手術には、メスを用いるものと用いないものの2種類があります。メスを用いる手術は切開法と呼ばれています。昔から美容外科クリニックでよく行なわれてきた二重整形手術は、この切開法によるものです。この方法の場合、上まぶたの皮膚にメスで切れ目を入れて二重のラインを作りますので、深くてクッキリとした二重まぶたにすることができます。また、術後に一重まぶたに戻ってしまう心配もほとんどありません。ただし、皮膚をメスで切るわけですから、術後に強い腫れや痛みが生じます。現実的なことを考えると、抜糸が済むまでは外出することができませんので、術後しばらくの間家に閉じこもっていることができる人しか、切開法による手術を受けることができません。それに対して、近年になって盛んに行われるようになった埋没法による手術の場合は、手術を受けた直後からほぼ普段通りに生活することができます。埋没法は、メスを使わずに二重まぶたを作る手術方法です。まぶたに糸を通して二重のラインを作るという手軽な方法であるため、とてもリーズナブルな費用で手術を受けることができます。また、まぶたをメスで切るわけではありませんので、術後の腫れや痛みがほとんど気になりません。おまけに、外から見える所に傷跡が残る心配もないため、最近は埋没法による手術を希望する人が多くなってきています。糸で留めておくだけという簡単な方法であるため、一重まぶたに戻りやすいというデメリットがあると言われることが多いですが、糸留めの個数を増やすことによって一重に戻りにくくすることができます。

一重は変えられる

医者

腫れぼったいまぶたを二重にする整形があります。切開法は全体、部分的とあります。メスを入れるので戻りません。埋没法は糸を使うだけなので戻ります。これらを踏まえて決断しましょう。また、美容クリニック選びは慎重に行ってください。

View Detail

一重を綺麗な目にする方法

美容整形

一重の女性にとって二重まぶたは憧れです。今では誰でも簡単にできるアイプチが人気ですが、自分でマッサージをして二重にする人もいます。それらの時間と労力を考えると、美容整形で二重にするのが最も簡単で効率的です。すっぴんでも気にならないので、精神的にも楽になります。埋没法と切開法というやり方があります。

View Detail

目元の手術

笑顔の女性

目元のつくりがどうなっているかで、顔の見た目の印象がほぼ決まってしまいます。一重まぶたであることが大きなコンプレックスになり、引っ込み思案な性格になっている人がたまにいます。でも、美容外科クリニックへ行って二重整形手術を受ければ、コンプレックスから解放されることができます。

View Detail